notifications経済金融データ」で「マクロ経済指標」「マーケット指標」PDFをダウンロードできます。

notificationsツイッター「経済は連想ゲームだ」を配信中です。

『超入門 5分で日本経済一周の旅ガイド』注釈

角川総一オフィシャルサイト

『実況ライブ 日経電子版の歩き方 88のマーケットチャートを連想ゲームで全チェック』注釈

角川総一オフィシャルサイト

『もう古い常識には騙されない 8つの経済常識・新旧対照表』注釈

角川総一オフィシャルサイト

グラフギャラリー(総務省景気指標ダッシュボード版)

角川総一オフィシャルサイト

<< 米雇用情勢に楽観できないこれだけの理由 | ホーム | 預貯金目減りの長期化は必至 >>
2013年11月04日(月)|01:48|音楽

堤剛先生のマスタークラスチェロ公開レッスン見聞録

念願の!堤剛先生のチェロ公開レッスンに行ってきました。こんな得難いチャンスにせいぜい数十人しか集まらないなんて残念!残念!宣伝の仕方がまずいのかな?(東京文化会館プロジェクト ミュージック・エデュケーション・プログラム)。以下は単なる忘備録です。(カッコ内)は私見。
エントリーは3組。
1、バッハ無伴奏チェロソナタ6番ニ長調からプレリュード、サラバンド
2、弦楽クワルテット ベートーベンヘ長調、ラズモフスキー1番から1楽章
3、ハイドン、チェロコンチェルト2番ニ長調から 1楽章

以下は「ああ、これは!」と感じた堤先生のアドバイス(順不同)。

・冒頭の音、音の始まりの表情にあった呼吸から始める、そのフレーズを予感した上で呼吸する(普通は深い息が必要)
・曲の途中でも、次の音を予感してから弾く
・チェロのボーイングは「up、down」というよりは「push、pull」。(さらに)というよりは円運動である、ボーイングの基本は円運動
・移弦時には前もって右腕ひじから準備する

・1音1音別々にヴィブラートかけるのではなく連続的にかけること
・アダージョは途中でそのフレーズが切れないことが重要

・上昇フレーズでは力を抜いていく/下降フレーズでは力を込める
・拍は縦にとるのではなく横(左右)にとる(これも円運動ということか)
・呼吸が不規則になると筋肉が硬くなる
・速いフレーズでは大きなかたまりを意識してゆったり弾。1音1音ずつを必要以上に意識しない(右手をより意識するということか?)
・スケール状のフレーズは直線ではなく円運動である。「フレーズは虹のように」。「音の方向性」が大事
・左指の動きが遅いと「音の粒立ちが悪い」
・シンコペーションは正規の拍を意識して弾く
・クワルテットは中央のランプに一度音を集めてから1つの音として聴衆に届ける

・音は「タタタタタタ」ではなく「ランランランランランラン」-パブロ・カザルス
・「常にプライドを保った姿勢で」-ヤーノシュ・シュタルケル
・「(ここでは)時間が詰まった音楽はだめ」-大橋国一(堤先生がNHK交響楽団とともにウィーンに演奏旅行で行ったときすでに現地で活躍していたバリトン歌手)
・「休みに向かって歌う」―武満徹。彼は楽譜に休止符の前の音には休止符に向けてスラー記号を記したたという。

ああ!!日本の若手チェリストのレベルはここまで上がってきたんだ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
記事総数:455件
月別アーカイブ
角川総一
金融教育、金融評論家。
(株)金融データシステム代表取締役。1949年大阪生まれ。
プロフィール
連絡先
「知るぽると(金融広報中央委員会)」掲載記事
経済指標の見方
金融指標の見方

「知るぽると」ホーム
新 刊





角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
サイト内検索
RSS