notifications経済金融データ」で「マクロ経済指標」「マーケット指標」PDFをダウンロードできます。

notificationsツイッター「経済は連想ゲームだ」を配信中です。

『超入門 5分で日本経済一周の旅ガイド』注釈

角川総一オフィシャルサイト

『実況ライブ 日経電子版の歩き方 88のマーケットチャートを連想ゲームで全チェック』注釈

角川総一オフィシャルサイト

『もう古い常識には騙されない 8つの経済常識・新旧対照表』注釈

角川総一オフィシャルサイト

グラフギャラリー(総務省景気指標ダッシュボード版)

角川総一オフィシャルサイト

<< マーケットデータ更新(日次)【2013年1月1日〜2019年6月7日】 | ホーム | 「マクロ経済指標」「マーケット指標」(6月号・PDF版)を更新 >>
2019年06月11日(火)|22:56|おしらせ

新刊書「ニュースに出る経済数字の本当の読み方」のお知らせ

新刊書「ニュースに出る経済数字の本当の読み方」をご案内します。

「あなたは政府による経済統計を使った巧妙な印象操作にうまく乗せられていませんか?」

本書は、こんな問いから始まります。

「雇用情勢の劇的な改善」「株価の上昇」「円安による企業収益の改善」「我が国の消費税率は先進諸国中ほとんど最低」・・・。こんなニュースが巷にはあふれかえっています。

しかし、これらアベノミクスの正当性を印象付けるために政府が強調するさまざまデータは、ちょっと見方を変えれば、その意味・評価は劇的に変わります。場合によっては逆転することさえある。

本書では具体的な27の事例を例にとり、その経済ニュースが伝える意味・内容がひっくり返るという経験に皆様をご案内します。

一体どういうことか?
 

「雇用者が400万人以上増えたのはアベノミクスの成果」といわれても、「だって、そのうち半分は65歳以上の雇用者が増えたからでしょ」「しかもその3分の2はパート、アルバイトだよ」といえば、その政策評価はまるきり変わってきます。

「有効求人倍率だって0.8倍から急速に上がって1.6だよ」といわれても「倍率上昇の半分は、団塊の世代が大挙して70歳以上になって求職者が激減したためでしょ」といえば、一気にその主張は色あせます。

あるいは「先行きに不安を抱く事業者が1人のフルタイム労働者が退職した穴埋めに、パートタイマーを2人募集すれば限界的に求人倍率は2倍になるでしょ」といってしまえば、「あれ、それだとそのデータは額面どおりには受け取れないな」となるのです。

「アベノミクスで日本株は2倍になった」という安倍政権が一時よく口にしていたことだってそう。「だって、米国株も同じくらい上がったよ」と続けると、その意味はまったく変わってきます。アベノミクスの成果だとは必ずしもいえないことが、誰の目にも明らかなのです。

つまり、政府が持ち出すさまざまな経済統計データについては、ちょっと視点を変えてみれば、政府が主張するほど評価すべきものではないことが多い。しかし、必ずしも統計データの基本的な読み方に慣れていない多くの人は、なかなかそれを見抜けないのです。

本書では、27の具体的な経済データ(ニュース)を取り上げた上で、その読み方についてご紹介するだけではなく、どんな視点に立てば、目の前の経済データをまったく異なった視点から見ることができるのか?その方法論自体を語ろうとしたところに、本書の特徴があると自負しています。

本書でご紹介する経済データを読み解くための基本テクニックとは、たとえば次のようなものです。

.如璽燭梁仂欖間が適切であるかを問う
▲如璽燭鬚いつかの因数に分解する(中身を分ける)
G棔◆鵑離如璽燭里茲Δ米鷦.如璽燭鷲ず実数(一次データ)をチェックする
ぅ如璽燭猟蟲繊単位を確認する
イ修離如璽燭鰐礁榁佑覆里実質値であるかを問う
δ眠澆亮鑪爐鯤僂┐討澆
Д如璽燭%(変化率)で示されていたときには実数値(水準)を見る
┐修里曚の因果関係が働いていないかをチェックする

いずれも言われてみれば「な〜んだ、そんなことだったんだ」とすぐに気づくようなことばかりです。しかし、経済データの基本的な見かたについての訓練を受けてはこられなかった多くの方にとってはきっと目からウロコですよ!

「騙されないためには、最低限、この程度のデータリテラシーは持つべき」。本書で取り上げたくらいのことは、少なくとも高校〜大学の教養課程で必須テーマとすべきだとあらためて今思うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー
記事総数:486件
月別アーカイブ
角川総一
金融教育、金融評論家。
(株)金融データシステム代表取締役。1949年大阪生まれ。
プロフィール
連絡先
「知るぽると(金融広報中央委員会)」掲載記事
経済指標の見方
金融指標の見方

「知るぽると」ホーム
新 刊





角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
角川総一の本
サイト内検索
RSS