notifications経済は連想ゲームだ」を公開中です。現在はクイズ形式がメインですが、「フレーズ編」も準備中です。ご期待ください。

経済は連想ゲームだフレーズ編

角川総一オフィシャルサイト

クイズ編はこちら

2010年05月09日(日)|12:34|雑誌等掲載記事

雑誌等掲載記事

雑誌等掲載記事


以下は雑誌・新聞に執筆した記事です。無料で閲覧できます。
記事はPDFファイルです。ご利用いただくには「Adobe Reader」が必要です。
ダウンロード

「エコノミスト 投資の達人」(毎日新聞社)
「近代セールス」(近代セールス社)
「ファイナンシャルアドバイザー」(近代セールス社)
「オール投資」(東洋経済新報社)
日本経済新聞
日経金融新聞



【毎日新聞社「エコノミスト 投資の達人」】

セレクション 角川総一の金融教室

※「2010年10月号」をもって休刊となりました。

スポット掲載




【近代セールス社「ファイナンシャルアドバイザー」 】

角川総一流マーケットの見方

債券高(デフレ懸念)と株高(景気期待)が同時進行 2009年10月号
米国実質金利が15年来の高水準。 個人消費の抑制は間違いなし 2009年9月号
グローバルマネーの動きは 米ドルキャリー取引に移行 2009年8月号
先進各国の長期金利が急上昇。 各国経済にマイナス影響も 2009年7月号
円キャリー取引とその巻き戻しが 世界的なお金の動きを決めている 2009年6月号
データを時系列で記録し続ければ マーケットセンスは劇的に変わる 2009年5月号
ドル高=米国株式上昇、日本株式上昇の関係切れる!? 2009年4月号

角川総一のマーケットSCOPE

市場性商品の説明には 「論とともに証拠」を 2009年3月号
2008年最大の注目は やはり「為替相場」 2009年2月号
マーケットデータの具体的な利用法とは…  2009年1月号
「変則的現象」から見る メカニズムの働き方とは? 2008年12月号
「原理」「原則」から外れた現象はどう見ればいいか 2008年11月号
1つの経済現象は有機的に他の様々な現象に波及する 2008年10月号
中長期的なスパンで見る 為替相場の変動要因とは 2008年9月号
本当に預貯金はインフレに弱いのか 2008年8月号
どちらが「原因であり どちらが「結果」なのか? 2008年7月号
株式と債券の相場に働く基本的なメカニズムとは 2008年6月号
金利の動きと為替相場の見逃せない関係とは 2008年5月号
マーケットの動きを報じる「表現力」を高めるには 2008年4月号
マーケットデータの具体的な利用法とは… 2008年1月号
中長期的なタイムスパンで見る 為替相場の変動要因とは? 2007年9月号
本当に預貯金は インフレに弱いのか? 2007年8月号
どちらが「原因」であり、 どちらが「結果」なのか? 2007年7月号
株式と債券の相場に働く 基本的なメカニズムとは? 2007年6月号
金利の動きと為替相場の見逃せない関係とは? 2007年5月号
マーケットの動きを報じる「表現力」を高めるには… 2007年4月号
「変則的現象」から見るメカニズムの働き方とは? 2007年12月号
「原理」「原則」から外れた現象はどう見ればいいか 2007年11月号
1つの経済現象は有機的に 他の様々な現象に波及する 2007年10月号

↑このページのトップに戻る


【近代セールス社「近代セールス」】

角川総一のマーケット・リテラシー

マーケットの動きについては リアリティを持って理解しよう!! 2009年10月1日号
日経新聞の1面に掲載されている 「WORLD MARKETS」をチェックしよう!! 2009年9月1日号
「円・ドル」キャリー取引とその巻返しが グローバルマネーの流れを決めている 2009年8月15日号
ゲーム感覚で経済データの 影響力を楽しもう! 2009年8月1日号
市場を取り巻く材料を“T字”で整理し 差し示す因果関係を分析してみよう! 2009年7月15日号
前週末に比べて数値が上がった指標から マーケットの関係性が見えてくる 2009年7月1日号
株価・金利グラフで見る“この100年”で 何が起こったのか!? 2009年6月15日号
「いまマーケットはどう動いているか?」に強くなろう 2009年6月15日号
経済の「連想ゲーム」の基本がわかれば 見えていないものも見えてくる 2009年6月1日号
実態経済の変化の兆候を表す マーケットの注視が「経済」を読むコツ 2009年5月15日号
金融商品の資産価値の変動に影響を与える マーケットの動きを学習しよう! 2009年5月1日号
グロソブ等主力ファンドを取り巻く 投資環境の変化を説明できるか 2009年4月15日号
私たちの周りには日経新聞以外に 有益な情報が溢れかえっている 2009年4月1日号
“投資信託の本質”を考えれば この機会に安定配分を見直すべきでは 2009年3月1日号
マーケットに付かず離れずの ファンドマネージャーの一日を追う 2009年2月15日号
今足元のGDPはマイナス10%まで 落ち込んでいるかもしれない 2009年2月1日号
内外金利、為替、株価などの推移を どの程度イメージできるかがカギ 2009年1月15日号
経済のグローバル化が進めば進むほど 各国株式、金利は似通った動きを示す 2009年1月1日号
“高金利通貨ほど為替の下落率が高い”を 解き明かすキーワードとは? 2008年12月1日号
事前に予想値を押さえることで 経済データの見方は大きく変わる 2008年11月15日号
投信が運用対象としている市場のデータを 一覧表にして顧客説明に活用すべき 2008年11月1日号
サブプライム問題の影響をつかむには 最も根源的な米住宅価格動向に意識を 2008年10月15日号
「株は必ずしもインフレに強くない」と 過去の実証データは物語っている 2008年10月1日号
数値情報で視覚イメージを喚起し マーケットの動きをリアルに語る 2008年9月1日号
預貯金が実質的に目減りする時代に突入している!? 2008年8月15日号
「経済は連想ゲームである」を 為替・株価の動きで実証してみる 2008年8月1日号
理屈だけでなく実証データを基に 経済メカニズムを理解すべきだ 2008年7月15日号
債券と為替の損益が相殺しあっていることが 外債ファンドの収益の安定性を生んでいる 2008年7月1日号
投信営業担当者が押さえておきたい 国内外の経済指標&マーケットデータとその見方 2008年7月1日号
リテラシーとは「読み書き」能力、そして「ソロバン」能力である 2008年6月1日号
物価や株価は“平均”だけで捉えずに 要素分析をしてみると実態がつかめる 2008年5月15日号
情報のインプット時にアウトプット時のイメージを 明瞭に持つことが重要 2008年5月1日号
「実質実効為替レート」で見ると 驚くべき変動ではないことが分かる 2008年4月15日号
マーケットも金融・経済も 立場が変わると見え方も変わる 2008年4月1日号
金利、株価、景況感、貿易収支… 何が為替相場を動かすのか? 2008年3月1日号
ベースとなる通貨を揃えてみると 日米株価の連動性も違ってみえる 2008年2月15日号
類似するファンドと比較しその差を伝えることで 本質を理解してもらう 2008年2月1日号
金融・経済の現象を連想ゲームで 読み解くことの重要性 2008年1月15日号
市場性商品の説明において今こそ 「データをして語らしめる文化」を 2008年1月1日号
名目値と実質値の違いで見直せば マーケットの解釈は180度変わる 2007年12月1日号
あなたは「米ドル相場」と聞いて イコール「ドル円相場」と考えていないか 2007年11月15日号
外為相場は「円高」「円安」ではなく 外貨を主語にして語ってみてはどうか 2007年11月1日号
米FRB、大幅利下げの根拠から 今後の日米株価の動きを推理する 2007年10月15日号
日本株と豪ドル対円相場の連動性を 説明することができますか? 2007年10月1日号
経済を金融から見るには欠かせない こんなデータを知っていますか? 2007年9月1日号
株価推移を見る際には 複数の指標を併せ見ることが必要 2007年8月15日号
「兆しを読む」習慣を身につければ マーケットの動きを先読みできる 2007年8月1日号
円金利VS欧米・資源国通貨金利に 注目していくことが重要 2007年7月15日号
「円キャリートレード」を軸に置くと 世界を巡る資金の流れがよく分かる 2007年7月1日号
変動金利型の国債が持っている インフレヘッジ機能をデータで示す 2007年6月1日号
ドル円相場は、中長期的にはインフレ率較差との関係が密である 2007年5月15日号
家計資産による投信購入が ドル円相場に及ぼす侮れない影響 2007年5月1日号
マーケットファクターを3ヶ月 チェックするだけで見る眼が変わる 2007年4月15日号
株価・為替の激変を生み出した 真の要因とはなんだったのか? 2007年4月1日号
ワールドワイド化するマーケットを 読み、解き、話すリテラシーが重要に 2007年3月1日号

↑このページのトップに戻る


【近代セールス社「近代セールス」】 

金融逆さメガネ(全61回)

第1回 2004.3.1号 株式保有率の低さは本当に「日本人=保守的」の表れか?(前編)
第2回 2004.4.1号 株式保有率の低さは本当に「日本人=保守的」の表れか?(後編)
第3回 2004.4.15号 「預貯金はインフレに弱く、株はインフレに強い」は本当か?(後編)
第4回 2004.5.1号 「預貯金はインフレに弱く、株はインフレに強い」は本当か?(後編)
第5回 2004.5.15号 「金利は短期の方が低いのが常識」は果たして本当に正しいか?
第6回 2004.6.1号 「個人向け社債は満期前に市場価格で換金できる」は正しいか?(前編)
第7回 2004.7.1号 「個人向け社債は満期前に市場価格で換金できる」は正しいか?(後編)
第8回 2004.7.15号 利付金融債の発行条件をめぐる理屈に合わない3つの不可思議
第9回 2004.8.1号 ファンドマネジャーとは本当に運用の「専門家」と言えるのか(その1)
第10回 2004.8.15号 ファンドマネジャーとは本当に運用の「専門家」と言えるのか(その2)
第11回 2004.9.1号 同じ立だけアップ・ダウンした基準価額はもとに戻るか?
第12回 2004.10.1号 「原油高は円に弱い」という“常識”は今でも通用するのか?
第13回 2004.1015号 預貯金の“常識”は通用しない利付債の利回り計算
第14回 2004.11.1号 現代ポートフォリオ理論は果たして現実にどの程度合っているのか?(その1)
第15回 2004.11.15号 現代ポートフォリオ理論は果たして現実にどの程度合っているのか?(その2)
第16回 2004.12.15号 投資の教科書を完全に裏切るリスク限定型ファンドの真実
第17回 2005.1.1号 株式投信設定額のピークが株式市況のピークと重なる理由(その1)
第18回 2005.1.15号 株式投信設定額のピークが株式市況のピークと重なる理由(その2)
第19回 2005.2.1号 金利を実質マイナスにもする外貨預金の為替コストの真実
第20回 2005.2.15号 「10年後に元本の123%確保」の豪ドル建て投信は魅力的か
第21回 2005.3.1号 「投信の大量設定で株は天井」は中国株ファンドにも通用するか?
第22回 2005.3.15号 「結果として良い商品に資金は集まる」は投信にあてはまるか?
第23回 2005.4.1号 「アノマリー」は現在の日本に本当に存在しているのか!?
第24回 2005.4.15号 収益の「額面」と「正味」から見える投資信託のコスト構造の現実
第25回 2005.5.1号 政策金利の引き上げにも反応しない米国長期金利の動きをどうみるか
第26回 2005.5.15号 単位をより細かくしていくことで数字は実感を持って受け止められる
第27回 2005.6.1号 「円安インフレ」と「円高デフレ」が「常識」でなくなったわけは?
第28回 2005.7.1号 なぜ国内投信と外国投信を同じ土俵で比較しないのか?
第29回 2005.7.15号 新発債に飛びつく前になぜ既発債と比べないのか?
第30回 2005.8.1号 過去からの推移が掲載されない外貨建てMMFのデータの謎
第31回 2005.8.15号 「年収300万円」の実態は生活保護認定・所得税免除
第32回 2005.9.1号 為替の動きを説明する際の表現に感じる2つの違和感
第33回 2005.10.1号 目先優先の報道が生み出す市場に関する誤った思い込み
第34回 2005.10.15号 試験対策には熱心な行員の肝心の実務能力はというと…
第35回 2005.11.1号 「誰にとって」の視点が欠けた定期分配型ファンドの低評価
第36回 2005.11.15号 買い手が判断をしやすいようデータの表示には工夫が必要
第37回 2005.12.1号 インフレの中身が問題となる預貯金によるヘッジ機能の実力
第38回 2006.1.1号 「預金」と「保険」は相容れないものなのか?
第39回 2006.1.15号 経済メカニズムはおおむね「逆は真ならず」である
第40回 2006.2.1号 必ずしもマイナスだけでない金利上昇の財政への影響
第41回 2006.2.15号 日経平均だけでは判断できない我が国の株価の回復度合い
第42回 2006.3.1号 名目と実質を区別して考えるべき、家計に占めるリスク資産の割合
第43回 2006.4.1号 「債券が買われれば債券利回りは下がる」はなぜ分かりにくいのか?
第44回 2006.4.15号 ファンドを同期間の平均株価と比べると騰落率では分からないことが見えてくる
第45回 2006.5.1号 ヘッジ機能を持つ資産はどこかでリスクをも併せ持っている
第46回 2006.5.15号 今後急速に低下する預金のインフレヘッジ機能
第47回 2006.6.1号 教科書的な理屈より大事なのは商品レベルでの応用
第48回 2006.7.1号 期初と期末のみで途中を示さない株価の見せ方は恣意に過ぎないか
第49回 2006.7.15号 景気拡張期間ばかりを強調し成長率を問題にしない不思議
第50回 2006.8.1号 季節性に関する2つの現象のアノマリー度を見てみると…
第51回 2006.8.15号 国内ガソリン価格の高騰が実はさほどでもない理由とは?
第52回 2006.9.1号 純経済的要素だけじゃない ドル安示唆の声が高まる理由とは
第53回 2006.10.1号 REIT価格と株価や債券価格の関連性は本当に乏しいのか?
第54回 2006.10.15号 確率論より期待感を優先させる投資者の心理
第55回 2006.11.1号 米国FFレートとの関係から日本株の今後を占うと…
第56回 2006.11.15号 一つの指標のみに株価全体を代表させることの危うさ
第57回 2006.12.1号 ドル相場と金価格の関連性を データをして語らしめると…
第58回 2006.1.1号 昨今の投資信託批判は正当と言えるのか!?
第59回 2007.1.15号 円相場を対米ドルだけで語ることには限界がある
第60回 2007.2.1号 金融機関の手数料関連収益を預貸利益と比べてみると?
第61回 2007.2.15号 投資教育の場で語られない本当に必要な投資や運用の常識


【東洋経済新報社「オール投資」】

知っ得 金融商品ガイド

高パフォーマンスの短期不安定ファンド 2007年12月15日
短期不安定投資は複利の認識必要 2007年12月1日号
上昇、下落期に分けファンドの成績を分析 2007年11月15日号
実効為替レートを自分で作成してみる 2007年10月15日号
毎月分配型の功罪を定量的に考えてみる 2007年10月1日号
投資環境が構造変化 リスク分散するには 2007年9月15日号
米ドル急落対策 金投資も有効 2007年9月1日号
短期金利上昇でMMF分配率に格差 2007年7月15日号
複数通貨への投資はリスク分散にならず 2007年7月1日号
国際分散投資に新たな常識必要 2007年6月15日号
定期分配型投信 直利も投資尺度に 2007年5月15日号
投資対象に集中投資の既存ファンドで先回り 2007年5月1日号
受賞ファンドのその後を追跡調査してみたら 2007年4月15日号
円相場の行方を占う3つのチャート 2007年4月1日号
米ドルの存在感低下 複数通貨へ分散投資 2007年2月1日号
投信はコスト高?データから検証 2006年12月15日号
短期的なブレは避けるべきなのか 2006年11月15日号
貿易比率上昇で家計も”世界標準” 2006年11月1日号
REITのリスク分散効果を検証 2006年10月1日号
上げ相場、下げ相場でファンドの総合力分析 2006年9月1日号
人気の外債投資 金利動向に要注目 2006年8月15日号
金価格の”季節性”年後半に上昇傾向 2006年8月1日号
過去6年の好調際立つバリュー株ファンド 2006年4月15日号
人気の外貨預金だがその「実質収益」は 2006年3月15日号
相次ぐ新興国ファンド設定で得する人は!? 2006年3月1日号
人気の個人向け国債 有利なのは変動金利 2006年2月15日号
絶好調ブル型投信は中長期狙いには不適 2006年2月1日号
アノマリーファンドの組み合わせに妙味 2006年1月1日号
毎月分配型ファンド「利回りランキング」 2005年11月1日号
信託報酬は安いほうがいい 2005年10月1日号
外債ファンド保有のリスク回避に日本株 2005年9月15日号
要注目の外国株投信は「既存」で「好成績」 2005年8月15日号
「外債」投資の極意は「既発債」を選ぶこと 2005年7月1日号

↑このページのトップに戻る


【日本経済新聞】

プロに聞く 目からウロコの投資塾

・ゼロ金利時代の資産運用

 1 2009年1月6日 預金でもインフレヘッジ
 2 2009年1月7日 負債・資産の総合管理を
 3 2009年1月8日 安全性で優位なMRF
 4 2009年1月9日 長期化に備え商品選び

・金利上昇時代の新常識

 1 2006年7月18日 (册依付国債 インフレに強い抵抗力
 2 2006年7月19日 外貨建て債券 利回り曲線で考える
 3 2006年7月20日 M回り曲線 金利動向の予測に活用
 4 2006年7月21日 こ芦瀝其癲ゞ睛は短いほうが高い?

・投信選びのツボ

 5 2006年6月6日 〃亳蛎Г燃箘揃燭有効
 6 2006年6月7日 ◆嵎解」投資のススメ
 7 2006年6月8日 「短期不安定投資」にも注目
 8 2006年6月9日 た轡侫.鵐匹留洞僧詫用

・グローバル市場

 11 2007年9月18日  ̄潺ャリー取引(上) 円は「最強」か「最弱」に
 12 2007年9月19日 円キャリー取引(下) 内外金利差の影響大きく
 13 2007年9月20日 J督甲散睛と米経済 「景気後退」入りの可能性も
 14 2007年9月21日 なFFレートと日本株 少し遅れて同じ方向に
 15 2007年9月25日 ナ涜臈領任期とマーケット(上) 選挙に向けドル安政策も
 16 2007年9月26日 κ涜臈領任期とマーケット(下) 4年目にかけ高い成長率
 17 2007年9月27日 Ъ存為替レートの勧め 対ドルだけでは見誤る
 18 2007年9月28日 ┛拌愾蠑譴侶萃衢廾 インフレ率格差が主役に

↑このページのトップに戻る

【日経金融新聞連載】

FPスキルアップ講座(2004年12月〜2005年7月連載)

(PDFファイルp.1)
金利は長期が高い」という常識を疑ってみよう 2004年12月8日
投信のコスト、成績に即してまじめに考えてみよう 2004年12月15日
対ドルだけで円の動きは分からない 2004年12月22日
インフレ時にも預金は目減りしなかった 2005年1月5日

(PDFファイルp.2)
債券は一物三価、四価であることを知っているか 2005年1月12日
年利よりも日歩にリアリティーを感じないか 2005年1月19日
「短期集中不安定」の投資も悪くない 2005年1月26日
ファンド運用評価、各国の国債利回りを基準に 2005年2月2日

(PDFファイルp.3)
低PER銘柄投資ファンド、市場平均に勝つか 2005年2月9日
時にはイールドカーブのつぶやきに耳を傾けてみる 2005年2月16日
投信設定額と株価の不思議な関係 2005年2月23日
数字への感受性を高めよう 2005年3月2日

(PDFファイルp.4)
直感裏切る ブルベア型ファンド 2005年3月9日
「債券買い=利回り低下」なぜ分かりにくい? 2005年3月16日
外債ファンド選びで需要なデュレーション 2005年3月23日
為替コストを年率で考えてみよう 2005年3月30日

(PDFファイルp.5)
運用スタイルはアクティブ型に限らず 2005年4月6日
債券判断、税引き前利回りだけは厳禁 2005年4月13日
長プラの変動を事前に予測する法 2005年4月20日
外債ファンドのリスクを分散するには 2005年4月27日

(PDFファイルp.6)
この程度には電卓を使いこなそう 2005年5月11日
個人向け国債のインフレヘッジ機能 2005年5月18日
「逆はおおむね真ならず」と心得よ 2005年5月26日
外債ボンドマップ作成のススメ 2005年6月1日

(PDFファイルp.7)
金融資産以外もポートフォリオに必要? 2005年6月8日
ポートフォリオ、不動産含めた方が合理的 2005年6月15日
プロは計算に強くなくては 2005年6月22日
組み合わせより分解の効用 2005年6月29日

(PDFファイルp.8)
専門家も市場平均を上回るのは大変 2005年7月6日
最低限のデータ処理能力を身に付けよう 2005年7月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
角川総一
金融教育、金融評論家。
(株)金融データシステム代表取締役。1949年大阪生まれ。
プロフィール
連絡先

カテゴリー
記事総数:291件
最新の記事
月別アーカイブ
サイト内検索
Googleのウェブ検索
RSS