notifications経済は連想ゲームだ」を配信中です。

金融評論家・角川総一のオフィシャルサイトです。
実証データに基づき経済・金融動向を解説、評論します。基本方針はグラフを多用すること。ときには経済・金融記事の盲点、バイアスにも言及します。本サイトから株価、金利、債券、為替関連の時系列データをダウンロード、また各種経済・金融データサイトのリンク集もご利用いただけます。

その他のおすすめコンテンツ
2018年02月18日(日)|23:33|おしらせ

マーケットデータ更新(日次)【2013年1月1日〜2018年2月16日】

マーケットデータ(日次)を更新しました。

リンク先からダウンロードしてご自由にお使いいただけます。

2018年02月17日(土)|00:16|考えるグラフ

日本人の海外投資は宿命的にハイリスク・ハイリターン?

世界が不安定になると円高に振れる。この紛れもない事実は、我が国の投資家による海外投資のボラティリティを高くしているかも知れない。

つまり、欧米を始め海外の多くの投資家に比べ、我が国の投資家は海外投資においてよりハイリスク・ハイリターンを余儀なくされている可能性がある。

なぜか?実は、この図にヒ・ミ・ツがある。

180217MSCIと円インデックス

 

続きを読む >>
2018年02月12日(月)|11:48|おしらせ

マーケットデータ更新(日次)【2013年1月1日〜2018年2月9日】

マーケットデータ(日次)を更新しました。

リンク先からダウンロードしてご自由にお使いいただけます。

 

2018年02月08日(木)|22:50|考えるグラフ

ドル円だけで為替相場を読むと世の中を読み間違える

日本株は為替からの影響を受けにくくなってきた、という。これまでのように「円高=株安」、「円安=株高」という常識はもう使えないというのである。


たしかに過去1年のトレンド(基調)で見る限りその通り。それどころか、図が示すとおりむしろ関係は逆転している。このグラフは私達の常識を完全に裏切る。


株価が暴落する直前の1月末までの13ヶ月間では、日経平均株価が21%上がっている一方、ドル円相場は116円から109円まで6%の円高なのだから。さてこの間の円相場と日本株の関係をどう読めばいいのか?


続きを読む >>
2018年02月04日(日)|20:46|おしらせ

マーケットデータ更新【日次(2013年1月1日〜2018年2月2日)と月次(2007年1月〜2018年1月)】

マーケットデータ(日次と月次)を更新しました。

リンク先からダウンロードしてご自由にお使いいただけます。

 

2018年02月02日(金)|08:37|考えるグラフ

すでに我が国の雇用者増加の3割を占めるに至った外国人

厚労省は外国人労働者の日本での雇用状況を年1回公表する。1月26日公表データによると、昨年10月末の外国人労働者は128万人で前年比19.5万人増加。むろん128万人とは過去最高。


しかし、どのニュースでもこの増加数を我が国の雇用者数全体の増加と比較して報じないのだ(この統計では「外国人労働者」とあるが、データの出所は事業所であり、実態としては「雇用者」である。以下「外国人雇用者」という)。

続きを読む >>
2018年01月28日(日)|20:17|おしらせ

マーケットデータ更新(日次)【2013年1月1日〜2018年1月26日】

マーケットデータ(日次)を更新しました。

リンク先からダウンロードしてご自由にお使いいただけます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログのカテゴリー
記事総数:325件
最新の記事
月別アーカイブ
角川総一
金融教育、金融評論家。
(株)金融データシステム代表取締役。1949年大阪生まれ。
プロフィール
連絡先
サイト内検索
RSS
Twitter 経済は連想ゲームだ! Facebook